商品カテゴリー
  • 竹の器
  • 木の器・漆器
  • お酒グッズ
  • お弁当グッズ
  • お箸・箸置
  • カトラリー
  • テーブルウェア
  • キッチンツール
  • 調理器具
  • 磁器
  • ハウスウェア
  • キッズ・ホビー
  • 茶道具
  • 伝統工芸
  • スポーツ
  • エコ関連グッズ
  • TSCアイテム
  • 寿司
  • 串・消耗品
  • お正月グッズ

天然素材の魅力

竹にまつわる雑学コーナー(その2) 〜「竹に油を塗る」はどんな場面で使う?他 〜

縁起の良い植物として知られる『竹』には、それにまつわる慣用句や四字熟語などが多く存在します。「聞いたことはあるけれど、どんな意味?」「どういうシーンで使うの?」など、ちょっとした豆知識を紹介します。


【「竹に油を塗る」はどんなときに使うの?】
あなたの職場には、「竹に油を塗ったよう」という言葉で表現されている上司や同僚、いませんか?きっと若い人にはあまり耳慣れない表現なので、どういうリアクションを取って良いかものか、戸惑うかもしれません。

では、竹に油を塗るとどうなるか、想像してみましょう。竹の表面は「つるつる」「すべすべ」ですよね。そこに油を塗ると…そうです、とてもよく滑るのです!

「竹に油を塗る」は、そうするとよく滑ることから、弁舌が達者なことの例えです。「滑る」といっても、口に出してはいけないことを言ってしまう、という意味ではありません。滑るようになめらかに、すらすらと話す、まさに弁舌に長けている人のことを表します。

なお、似たような表現で「若竹に油を塗ったよう」という言葉もあります。これはまた意味が異なり、若々しくて美しいことの例えとして使われます。誰かの演説やプレゼンを褒めたいとき、間違って使わないように気を付けましょう!


【「竹の子の親まさり」ってどういう意味?】
一般に春から初夏の頃に旬を迎えるタケノコ。疲れをとる働きや、高血圧に効果があると言われます。ゆでたてのタケノコの歯ごたえは何とも言えませんよね。

そのタケノコを使った「竹の子の親まさり」という表現、聞いたことありますか?
これは、「竹」の「子」であるタケノコの生育が早いことから生まれた例えです。すくすく、ぐんぐん育つタケノコ。その育つスピードが早いことから、「子が親よりも優れていること」の例えなのです。

親はわが子に、「いつか親よりも大きくなってね」「自分よりも立派な大人になってね」といった願いを持つものですよね。実際のところ、あまりにも早く抜かされてしまっては悲しいかもしれませんが…(笑)。
わが子が「親よりも優れている」という評価を受けたら、親冥利に尽きるというものかもしれません!


竹の器(一覧)はこちら

豆知識・コラム 一覧に戻る

ページトップへ