商品カテゴリー
  • 竹の器
  • 木の器・漆器
  • お酒グッズ
  • お弁当グッズ
  • お箸・箸置
  • カトラリー
  • テーブルウェア
  • キッチンツール
  • 調理器具
  • 磁器
  • ハウスウェア
  • キッズ・ホビー
  • 茶道具
  • 伝統工芸
  • スポーツ
  • エコ関連グッズ
  • TSCアイテム
  • 寿司
  • 串・消耗品
  • お正月グッズ

天然素材の魅力

漆製品の魅力(その1)

漆器のことを英語でjapanといいます。これは、16世紀後半に日本を訪れたヨーロッパ人達が漆塗製品を自国に持ち帰り、日本の特産品として認められたことが由来となっています。(ちなみに磁器のことをchinaといいます。)

漆製品とは、漆の木からとれた樹液を加工して、天然樹脂塗料として木をはじめ色々なものに塗ったものをいいます。その歴史はかなり古く、約9000年前(縄文時代)の柿ノ島遺跡から漆を塗った櫛や腕輪などが出土しています。漆の木は東アジア全域に自生していて、それぞれの国で独自の漆文化があります。

漆の特徴
漆は、一旦乾燥して固まると、非常に強靭な塗膜を形成し、酸やアルコールなどに対し耐性を持つようになります。また、耐用年数が非常に長く、長期間紫外線にさらされることがなければほとんど劣化せず、防腐や抗菌の効果もあることが最近の研究で明らかになっています。
もちろん、ICHIZAで販売している商品は日常使いが前提ですので、使っていくうちにだんだんと漆がはがれていきますのでご注意ください。


漆製品の魅力
漆器の魅力は、なんといってもその色合いにあります。単色で素朴なものから、金箔や色付けで艶やかなものまでさまざまな種類があります。特に日本の四季を題材にした優雅で美しい絵付けは、古くから日本人だけでなく世界中の人を魅了してきました。長年培われた日本の伝統と文化の集大成が現代の漆製品だと思います。

漆器は、生地が破損していない限り修理が可能ですので、お値段の高いものでも安心してお使いいただくことができます。ご使用いただくうちに色合いが徐々に変化し、独特の風合いが醸し出されることでしょう。(安価なものも修理可能ですが、修理代の方が高くつく可能性もございます。)

ICHIZAでは主にお椀やカトラリーの取り扱いをしています。木製の漆器は中に熱いものを入れても表面が熱くならず、茶碗蒸しなどを食べる際にも、金属のように口に入れても熱くありません。
ご家庭の中で、ぜひ漆製品を1つでも多くお使いいただければ幸いです。

木の器・漆器(一覧)はこちら

天然素材の魅力 一覧に戻る

ページトップへ