商品カテゴリー
  • 竹の器
  • 木の器・漆器
  • お酒グッズ
  • お弁当グッズ
  • お箸・箸置
  • カトラリー
  • テーブルウェア
  • キッチンツール
  • 調理器具
  • 磁器
  • ハウスウェア
  • キッズ・ホビー
  • 茶道具
  • 伝統工芸
  • スポーツ
  • エコ関連グッズ
  • TSCアイテム
  • 寿司
  • 串・消耗品
  • お正月グッズ

天然素材の魅力

木製品 取扱いのヒント(その2)

木でできた食器やカトラリーは、年代を問わず人気の高い商品。…しかし一方で、取扱いや保存方法がよく分からない、といった声も聞かれます。
そこで、ICHIZAによく寄せられる質問をもとに、木製品の取り扱いのヒントを紹介します!

ひび割れや塗装剥がれは、どうしたら防ぐことができますか?
漆器のお椀などは、乾燥状態が続くと割れることがあります。毎日お使いいただくと適度に水分が補充されますので、割れることはほとんどありません。(ただし、水分が残った状態が続くとカビ発生する可能性がありますので、ご注意ください。)
塗装剥がれの主な原因は、こすれや落下などの衝撃によるものがほとんどです。洗う際にもあまり強くこすらず、やさしく手洗いしてください。
長く使ううち、表面の漆やワックスがはげてきたら、どうしたらいいですか?
塗装した商品は、どんなに丁寧に取り扱っていただいても、長くご使用いただくうちに、どうしても角の部分から徐々に塗装が剥がれてきます。
塗装は、基本的に剥げても塗り直すことが可能です。しかし、高級な漆器以外は、かえってコストが高くつくことが多いのが現状です。それでも思い出深い大切な器は塗り直したい、と希望される方もいらっしゃると思いますので、一度ご相談ください。
天然素材の酒器が好きで、頻繁に使っています。何か注意点はありますか?
ウレタン塗装が施された酒器は、陶器のサーバー等とは異なり長時間お酒を入れるようにはつくられていません。特に、度数の高いお酒を長時間保存すると、塗料が溶解するおそれがありますので、絶対におやめください。
※目安:25°程度のお酒で6時間以内であれば、ほぼ問題ありません。

木の器・漆器(一覧)はこちら

天然素材の魅力 一覧に戻る

ページトップへ