商品カテゴリー
  • 竹の器
  • 木の器・漆器
  • お酒グッズ
  • お弁当グッズ
  • お箸・箸置
  • カトラリー
  • テーブルウェア
  • キッチンツール
  • 調理器具
  • 磁器
  • ハウスウェア
  • キッズ・ホビー
  • 茶道具
  • 伝統工芸
  • スポーツ
  • エコ関連グッズ
  • TSCアイテム
  • 寿司
  • 串・消耗品
  • お正月グッズ

天然素材の魅力

竹製品 取扱いのヒント(その2)

「竹でできた製品をぜひ使ってみたい、使いこなしたい。…でも、取扱いや保存方法が不安」。そういう声が多く聞かれます。

そこで、ICHIZAによく寄せられる質問をもとに、竹製品の取り扱いのヒントを紹介します!

どのくらいの耐熱性があるのですか。熱で変形することはありますか。
煮ざるのような用途の商品は、沸騰したお湯の中でも問題ありません。それ以外の商品は、熱いお湯に入れると編みが壊れる可能性があります。また、丸竹製品は割れる可能性がありますのでご注意ください。いずれも直火にはかけられません。
酒器やコップは、水漏れの心配はありませんか。
極度に乾燥すると割れることがあり、割れたところから液体が漏れる可能性がありますので、ご注意ください。割れないようにするため、定期的に水通しして極端な乾燥を防いでください。
独特のにおいがないか、気になるのですが…。
竹や木製品は、製作当初は素材のにおいがあります。お使いいただくうちに徐々ににおいはなくなりますが、早くにおいをなくしたい場合は、米のとぎ汁などで何度か時間をおいて洗ってください。だんだん気にならなくなります。ぜひお試しください。

竹の器(一覧)はこちら

天然素材の魅力 一覧に戻る

ページトップへ